番神社B

  • No:25
  • 年号:不明
  • 西暦:
  • 神社名:番神社B
  • 石材:来待石
  • 形式:座型吽
  • 尾形:丸尾
  • 玉取り・子取り:
  • 台座:□
  • 住所:宍道町上来待菅原
  • 特記事項:この丸尾の狛犬は享和~寛政の狛犬。島根県最古の狛犬は松江推恵神社の享保十八年ただしこれは再建された狛犬、県外で来待石製狛犬の最古は讃岐金刀比羅宮の丸尾狛犬が天明元年(1781)、県内の現存する最古級狛犬は寛政年間(1789~1800)の狛犬、そのほとんどが丸尾、とすればこの番神社の丸尾狛犬は必然的に寛政年間の狛犬となり、島根県でも最古級の狛犬となる。三刀屋天満宮に寛政九(1797)の丸尾狛犬が現存するが、これに酷似している。宍道最古の狛犬である。
  • 画像:
カテゴリー: 宍道町 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*