由来八幡宮C

  • No:110
  • 年号:不明
  • 西暦:
  • 神社名:由来八幡宮C
  • 石材:福光石
  • 形式:異型狛犬
  • 尾形:団扇尾
  • 玉取り・子取り:
  • 台座:猫足盤座
  • 住所:飯南町頓原
  • 特記事項:随身門の中にある小型の狛犬。彩色されている。併せて神を守る武人像もある。いずれも彩色されているが、見た限りでは陶製とかではなく、緑色の凝灰角礫岩とみた。通常は木製の狛犬とかが多く、仁王像が設置されていることも多い。ただ、この狛犬は阿吽で随身門の両サイドにあり、顔は龍か猿のようでもあり尾は開いているように見えた。また盤座も猫足のように見え、いずれにしても、他に例の無い当地独自の狛犬である。石質は福光石とみた。
  • 画像:
カテゴリー: 雲南市・飯南町 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*