大宝坊A

  • No:163
  • 年号:大正6年
  • 西暦:1917
  • 神社名:大宝坊A
  • 石材:福光石
  • 形式:座型吽阿 後期石見系狛犬
  • 尾形:蝋燭立尾
  • 玉取り・子取り:阿:(口玉)
  • 台座:盤座・□
  • 住所:江津市二宮町神主
  • 特記事項:盤座の文字、十六施主当山木谷大雲伏調□ ◆福光 石工 坪内利平 この狛犬に年号はなかったが、狛犬の後の福光石製灯籠、そして福光石製不動明王(坪内利平作)いずれも大正六年であったため,大正六年とした。ここには福光石製のお地蔵(子を抱いた)◆石工 福光 坪内康壽、悦次、左官 神村 山藤弘之などや、泰雲院殿(琉球芋開祖 井戸平右衛門正明)などの石碑など石造物多数あり。ちなみに坪内利平は飯南町小田 和田八幡宮 福光石製狛犬(明治14年)の作者である。
  • 画像:
カテゴリー: 石見地区 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*