都牟自神社F

  • No:18
  • 年号:不明
  • 西暦:
  • 神社名:都牟自神社F
  • 石材:来待石
  • 形式:座型阿吽
  • 尾形:蝋燭立尾
  • 玉取り・子取り:阿:子吽:片手上玉
  • 台座:盤座・□
  • 住所:斐川町福富
  • 特記事項:この神社の北東に位置する鳥居前の狛犬。他の神社から合祀され移された狛犬。斐川町では最古級の来待石製狛犬。 ◆石工 兵□衛門 おそらく縣神社A狛犬作者、松寄下朝山八幡宮台座記念銘 兵佐衛門であろう。年代は寛政末から享和と考えられる。この時期の狛犬作者としては門兵衛、重吉と並んで確認された島根県最古の来待石製狛犬作者の一人である。
  • 画像:
カテゴリー: 斐川町 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*